2013 ジロ・デ・イタリアで活躍するキャノンデール・プロサイクリングチームの美しい瞬間を現地からお届けします。

  1. 急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    中継ヘリを引き連れて山岳タイムトライアルを走ったダミアーノ・カルーゾ(イタリア)。気を吐いてステージ3位に食い込んでみせた。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    遠く雪山を望む山岳地帯で行なわれた山岳タイムトライアル。前半は晴れ、後半は冷雨という気まぐれなコンディション。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    季節外れの大雪によって銀世界と化したトレチーメ・ディ・ラヴァレード。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    マイナス2度という厳しい寒さと降りしきる雪。ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)はステージ8位に入る。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    雪に包まれた急勾配の登りをダンシングでクリアするダミアーノ・カルーゾ(イタリア)。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    大雪によって近年まれに見る厳しい気象条件となった第20ステージ。トレチーメ・ディ・ラヴァレード頂上ゴール。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    歯を食いしばり、永遠に続くような登りをこなす。ヘルメットには雪が積もる。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    スプリントに向けて鼻息を荒げるプロトンが終着地ブレシアに到着。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    ゴールスプリントに備えて集団前方に選手を固めるキャノンデールプロサイクリング。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

    最終周回の鐘が鳴る。キャノンデールプロサイクリングがエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)を連れて集団先頭へ。

    急遽出場が決まったことから、1週目から2週目にかけて調子を上げれずにいたカルーゾ。3週目に入るとようやく調子を取り戻し、山岳ステージで上位争いに絡むようになる。20.6kmをひたすら登る第18ステージの山岳タイムトライアルでは、総合上位陣をも凌ぐステージ3位をマーク。ニーバリとサンチェスに続く3位という成績は自信に繋がったとカルーゾ本人は話す。その自信を胸に、雪で真っ白になった第20ステージのトレチーメ・ディ・ラヴァレードではステージ8位に食い込んだ。 

    悪天候によって歴史的な闘いが繰り広げられた2013年のジロ・デ・イタリア。キャノンデール・プロサイクリングはペナルティが最も少ないチームに与えられるフェアプレー賞に輝いている。

  2. 異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    メカニックはいつも通り全てのバイクを洗い、チームカーには掃除機をかける。休息日だからってメカニックが休めるとは限らない。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    洗剤で洗車後、高圧ホースで泡と汚れを飛ばす。3週間走り続けるために、毎日徹底したメンテナンスが行なわれている。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    雪に覆われた1級山岳モンセニス峠でダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が逃げに乗る。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    雪の残る1級山岳モンセニス峠を越えてイタリアに戻る。ジロはドロミテに向かう。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    3週目にかけて調子を上げるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)がアタック。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    絶えることの無い観客を縫うようにしてプロトンは進む。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    小柄なクライマーのホセ・サルミエント(コロンビア)は山岳で頼れる存在。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    悪天候続きのジロにしては珍しく晴れ間が広がった第17ステージ。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    地元ヴェネト州でのスプリント勝利を狙うエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

    20.6kmをひたすら登る山岳タイムトライアルにノーマルバイクで挑むエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)。

    異常気象と言っても過言ではないほど、イタリアには季節外れの寒波が居座った。フランスでの休息日を終えたジロ・デ・イタリアは、勝負の3週目に突入。キャノンデールプロサイクリングのエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が果敢に攻めた(つづく)。

  3. バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    選手たちのバイクはキャノンデールSUPERSIX EVOで統一。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    重要な山岳ステージを前でもファンサービスを欠かさないダミアーノ・カルーゾ(イタリア)。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    雨に備え、カットしたボトルにレインジャケットを詰め込む。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    激しく降る雨の中、ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)が集団前方でレースを展開。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    気温2度。1級山岳バルドネッキア・ジャフローにゴールした選手たちにペダルを踏む力は残っていない。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    霧に包まれた1級山岳バルドネッキア・ジャフローを登るダミアーノ・カルーゾ(イタリア)。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    ピンクに彩られたチェザーナトリネーゼをスタート。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    吹雪に見舞われた1級山岳ガリビエ峠で、ダミアーノ・カルーゾ(イタリア)がマリアローザグループに食らいつく。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    季節外れの雪によって真っ白になった1級山岳ガリビエ峠を登る。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 
季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

    5月後半とは思えないガリビエ峠の光景。標高2301mのパンターニモニュメントの前で、ジロの2週目が終わった。

    バッソの欠場によって急遽ジロ出場が決まったカルーゾは、1週目の山岳ステージで苦しんだものの、2週目の山岳で徐々にリズムを取り戻しつつある。雨に降られた厳しい第14ステージで10位に入ると、2週目を締めくくるガリビエ峠の頂上ゴールで攻撃に出た。 

    季節外れの大雪に見舞われたガリビエ峠で、ゴールまで5kmを残してカルーゾがアタック。降りしきる雪の中を果敢に逃げる。結果的に集団に捕まり、同タイムでのゴールに終わったが、調子の良さを証明してみせた。3週目の山岳ステージでも積極的に動いてくるだろう。「フィーリングは良かった。失うものが何もないので攻撃したんだ。自分のコンディションを知る上でも、良いアタックだったと思う。これからもチャンスを逃さないように攻撃して行く」。

  4. ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    スタート前の束の間のひと時、ガゼッタ紙を広げるファビオ・サバティーニ(イタリア)。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    ジロ初登場の急勾配の登りに備えていつもより大きいスプロケットが装着される。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    最大勾配が20%に達する1級山岳アルトピアーノ・デル・モンタジオを駆け上がる。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    ドロミテの美しい山々を背にアタックが繰り返される。レース最初の平均スピードは53.5km/hをマーク。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    ヴェネト州出身のエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)にとって、トレヴィーゾのステージは落とせない。カヴェンディッシュを徹底的にマークする。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    連日の雨により、全ての選手たちに疲れの色が浮かび始める。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    徐々に迫る雨雲を気にしながら、出走サインに向かう。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    ロンバルディア平原を駆け抜ける第13ステージの全長はなんと254km。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    世界的なワインの産地、ピエモンテの丘陵地帯を行く。見渡す限りブドウ畑が広がっている。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。
キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

    苦しみながらも登りをクリアし、果敢にスプリントに挑んだエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)。

    ジロ・デ・イタリアはドロミテとアルプスの奥深くへと入って行く。選手たちを苦しめるのは、ジロ特有の厳しい山岳だけでなく、山間部に降る冷たい雨と雪。2週目に入ってもなお悪天候は続き、体調を壊したビッグネームが相次いでリタイアするなど、波乱の展開となっている。

    キャノンデール・プロサイクリングは平坦ステージでエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)のスプリント勝利を、山岳ステージでダミアーノ・カルーゾ(イタリア)の総合ジャンプアップを狙う。ヴィヴィアーニは連日のスプリントで上位に絡むが、マリアロッサを着るカヴェンディッシュに前を阻まれてしまう。(つづく)

  5. ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート3)

    ゴール地点は大雨。ゴールスプリントに絡んだダミアーノ・カルーゾ(イタリア)。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート3)

    スライスRSを駆って54.8kmの長距離タイムトライアルを走るエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート3)

    最もステージ優勝に近いイタリアンスプリンター、エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)の背中にはプレッシャーがのしかかる。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート3)

    イタリアの太陽に照らされるキャノンデールグリーン。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート3)

    降り始めた雨によって、持ち主を失った特等席。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。
    降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。
    イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。
    ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート3)
  6. ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    曇り空にピンクの紙吹雪が舞う。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    何重にもなった観客から怒号のような歓声を受けながらキャメロン・ウルフ(オーストラリア)が逃げる。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    ビッグスプリンター勢揃いのスピード勝負でエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)が2度目のステージ2位。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    メインバイクはキャノンデールSUPERSIX EVO。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    ガゼッタ紙を読みながら、談笑しながら、スタートを待つ。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    スタート前に目をつぶり、集中力を高めるホセ・サルミエント(コロンビア)

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    熱い声援を受け、ジロの一行はドロミテに向けて北上を開始。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    沿道に溢れるのは、イタリア国旗の三色とピンクの組み合わせ。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    選手もプロならメカニックもプロ。落車で遅れたクリスティアーノ・サレルノ(イタリア)のバイクを走りながら調整。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)

    小雨がパラつく中でも観客は根気づよく待ち続ける。激坂を越え、キエーティの街に入る。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。
    降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。
    イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。
    ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート2)
  7. 
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    チームの中で唯一イタリア人ではないキャメロン・ウルフ(オーストラリア)が開幕初日に単独エスケープを敢行する。スプリンターチームに最後まで抵抗し続けた。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    惜しくも大会最初のゴールスプリントで敗れ、ハンドルを叩いて悔しがるエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)。もしゴールが50m先であれば結果は変わっていたかも知れない。でもレースに「もし」は無い。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    テクニカルな17.8kmのコースを9人が揃って走る第2ステージ・チームタイムトライアル。キャノンデールプロサイクリングは23チーム中11位。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    イタリアには世界最多47件の世界遺産がある。その中の一つ、崖と海に挟まれたアマルフィ海岸を行く。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    青い空と青い海。レース前半は晴れていたが、海岸に沿って南下するにつれて天気は下り坂に。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    イタリア半島を南下する旅は続く。今大会の最南端を目指す第4ステージは全長246km。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    「イタリア一周」を意味するジロ・デ・イタリア。その名の通り、イタリアの隅から隅まで、名前の知られていない小さな街も通過する。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    第1ステージで逃げたキャメロン・ウルフ(オーストラリア)がスタートを待つ。「またチャンスがあれば逃げたい」。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    平坦ステージで果敢に逃げたアラン・マランゴーニ(イタリア)。追い風に乗ってトップギアを踏む。

    
ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。

降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。

イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。

ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)

    歯を食いしばって登りをクリアしたものの、落車でチャンスを失ったエリア・ヴィヴィアーニ(イタリア)。絶好のチャンスだっただけに、落胆の色を隠せない。

    ナポリをスタートしたジロ・デ・イタリアは、イタリア半島を南に下り、カラブリア州に達したところで北上開始。開幕の9日後、トスカーナ州のフィレンツェで1回目の休息日を迎えた。
    降り続く雨、雨、雨。ジロに合わせて雨雲が動いているじゃないかと思うほど、雨が降り続いている。厳しい気象条件と相次ぐ落車。トラブルにもめげずに、選手たちは3週間の旅を続けている。
    イヴァン・バッソの突然の欠場によってエースを失ってしまったキャノンデールプロサイクリングは、イタリアンスプリンターの中で最もスピードがあるとされるエリア・ヴィヴィアーニに勝利を託した。開催国のプライドを胸に、ヴィヴィアーニはステージ優勝を目指してゴールスプリント。あと少し、あと少しで勝利に手が届くところまで来ている。あとはタイミングと運。もちろんチームメイトのサポートがあってこそだ。
    ジロ開幕から花の都フィレンツェに至るまでの9日間を写真で振り返る。(パート1)
  8. 2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた5月3日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。

    ナポリのプレビシート広場。チームメイトたちに続いて、ダミアーノ・カルーゾがバンディエラトリコローレ(イタリア国旗)を風になびかせながらステージに向かう。

    2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた5月3日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。

    オーストラリアのキャメロン・ウルフが先頭に、ジロ・デ・イタリアのイメージカラーであるピンクカーペットの上を行く。

    2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた5月3日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。

    急遽欠場が決まったイヴァン・バッソに代わってエースナンバーを付けるダミアーノ・カルーゾ。

    2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた5月3日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。

    「終わりのないトロフィー」を意味する「トロフェオ・センツァフィーネ」

    2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた5月3日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。

    プレビシート広場でのチームプレゼンテーションを前に笑顔を浮かべるダリオ・マリウッツォ監督 日本でもお馴染みの名物監督だ。

    2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた5月3日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。

    注目の若手選手として記者会見に登場したエーススプリンターのエリア・ヴィヴィアーニ

    2013年、ジロ・デ・イタリアの開幕地は「長靴」の形をしたイタリア半島の「すね」にあたるナポリ。イタリア人の誰もが「全国どこを探してもこれほどピッツァとカフェ(コーヒー)が美味しい街はない」と断言するナポリで、第96回大会はグランデパルテンツァ(開幕)を迎える。第1ステージを翌日に控えた53日には、観光客で溢れるプレビシート広場でチームプレゼンテーションが行なわれ、23チーム・合計207名の選手たちが壇上へ。地元イタリアチームの一つキャノンデールプロサイクリングには暖かな声援が飛んだ。3週間の闘いがいよいよ始まる。